学生マイラーによる海外サッカーチケット攻略ブログ

理系大学院生が40試合以上の海外サッカー観戦経験をもとに、公式サイトからチケットを定価で購入する方法や海外サッカー情報を綴るブログ

DAZNでコパアメリカ全試合独占放送!2ヶ月無料の特設サイト限定お試し期間延長キャンペーンも!

南米一を決定するサッカー選手権「コパ・アメリカ2019」が6月14日に開幕します!

 

日本代表やアジアカップ優勝したカタールも招待国として参加することで注目度も高い今大会ですが、地上波でのテレビ放送はなく日本国内で視聴できるのはDAZN契約者のみとなっています。 

 

そして嬉しいことに、DAZNにスポンサードして頂いている本ブログでも、2ヶ月無料お試し期間延長キャンペーンの専用登録ページを設置させてもらうことができました!

お試し期間内に観られるその他のサッカーコンテンツに関しても紹介しますので、まだDAZNに加入していない方はぜひこの機会に登録してみてください!

DAZNとは

f:id:ktakumi11:20190606133636j:plain

サッカー好きのみなさんには今更説明する必要もないかもしれませんが、一応DAZNについて簡単に説明しておきます。

DAZNとは英企業「パフォームグループ」のスポーツ映像オンデマンド配信サービスのことです。

Jリーグや海外サッカーはもちろん、プロ野球などのサッカー以外の様々なスポーツ中継も配信しているので、スポーツ好きにとっては非常に充実したサービスとなっています。

特にUEFAチャンピオンズリーグやプレミアリーグなどはDAZNで全試合独占放送されているので、海外サッカーファンにとっては必須のサービスだといえるでしょう。


2018-19シーズンのDAZNで配信されたサッカーコンテンツについては、こちらの記事に詳しくまとめています。

www.footballtickets-by-gakuseimiler.com

 

コパ・アメリカ2019が観られるのはDAZNだけ!全試合独占生配信!

そして、南米サッカー選手権「コパ・アメリカ2019」DAZNで全試合独占生配信が決定しました!

 

サッカー日本代表が出場する一大会の全試合をデジタルプラットフォームで配信するのは国内で史上初のことだそうです。

つまり、日本代表の試合を含めコパ・アメリカの試合を地上波で視聴することはできず、観るならDAZNに加入する必要があります。

といっても、新規加入者なら無料お試し期間中に大会全試合を観戦できるので、完全無料で視聴可能。

 

しかもDAZNならスマホやPCで視聴することができ、見逃し配信やダウンロード機能などが充実しているので、平日午前8時キックオフの日本戦などを観るにはかなり便利だと思います。

DAZN2ヶ月無料キャンペーン申込方法

では早速、まだDAZNに加入していない方向けに当サイト専用のDAZN2ヶ月無料キャンペーン申込方法について紹介します。

2ヶ月無料キャンペーン期間は6/9〜6/25まで!

 

①当ブログ専用DAZN申込ページにアクセス

まずは、DAZN申込ページにアクセスします。

f:id:ktakumi11:20190607130643p:plain

DAZNのお試し期間は通常1ヶ月ですが、当サイト専用DAZN申込ページから登録すると、最初のページに表示されているように新規加入なら2ヶ月無料(※)でお試し視聴することができます。

※DAZNの支払いにApple, Amazon, Google等の各種アプリ内課金、DAZN for docomoをご利用の方、又は既存のDAZN会員は対象外です。

 

当サイト専用DAZN申込ページはこちらから↓

 (2ヶ月無料キャンペーンはこちらのリンクから登録された方のみ適用で、通常のページでは1ヶ月無料となってしまうのでご注意ください。)

 

②アカウントを作成

f:id:ktakumi11:20190606123500p:plain

まずはアカウントを作成します。

赤い矢印で示しているように、2019年8月6日(6月6日に視聴開始した場合)までの2ヶ月間無料で視聴可能、ということが確認できます。

アカウントを作成するのに必要な情報は

  • 氏名
  • メールアドレス
  • パスワード

だけです。

 

③支払い情報を入力

f:id:ktakumi11:20190606123558p:plain

あとは支払い情報を入力するだけ!

クレジットカードやデビットカード、あるいはPayPalの支払い情報を入力すれば、すぐに視聴開始できます。

 

無料期間内に退会手続きすれば料金は発生せず、完全無料で視聴可能です。

コパ・アメリカは決勝が7月7日なので、無料期間内に全試合視聴することができます。

 

では、コパ・アメリカ開幕の6月15日までにDAZNに加入した場合、他にどんなサッカーコンテンツが無料期間内に視聴できるのか確認してみましょう。

といっても7、8月は欧州サッカーのオフシーズンにあたるため、正直言ってあまり多くの試合は放送されません…。

  • Jリーグ:第15節(6/14-15)から第22節(8/20-21)まで視聴可能
  • プレシーズンマッチ「川崎フロンターレ対チェルシー」:7月19日
  • プレシーズンマッチ「横浜F・マリノス対マンチェスター・C」:7月27日
  • プレミアリーグ開幕節&第2節:8月10日〜
  • ICC(放送未定):全試合(7/17-8/10)
  • UEFAスーパーカップ:8月15日4時
  • ラ・リーガ開幕節:8月18日〜

今年のICC(インターナショナルチャンピオンズカップ)については、DAZNで放送されるかまだ確定していませんが、昨年は開幕直前に発表があったので今年も放送される可能性は高そうです。

マドリードダービーやイタリアダービーなどのビッグマッチを含む欧州強豪クラブ同士のプレシーズンマッチが開催されるので、ぜひDAZNで中継して欲しいところですね。

「ICC2019」の日程や対戦カードなどの詳細はこちら↓

www.footballtickets-by-gakuseimiler.com

 

コパ・アメリカ2019について

最後に、コパアメリカ2019の大会詳細について簡単に紹介しておきましょう。

2019年大会である今大会は、2019年6月14日〜7月7日にブラジルで開催されます。
直近2大会はチリが南米王者となっています。

アルゼンチンは2大会連続決勝で破れているので、今回こそはメッシに代表初タイトルをと雪辱に燃えていることでしょう。

 

日本代表がグループステージで対戦する相手は、チリ、ウルグアイ、エクアドルの3カ国。どこも手強い相手ですね…。

日本代表については、FIFAの規定で選手の拘束力がなく(同年度に二つ以上の大陸選手権に選手を招集する権利がないため)若手主体のメンバーとなっていますが、久保建英など楽しみな選手もメンバーに入っています。

日本代表はもちろんですが、南米同士のプライドを賭けた戦いが観られるコパ・アメリカはワールドカップともまた違う面白さがあります。
南米特有のずる賢い戦術や、華麗なテクニック溢れるプレーは観ている方もワクワクするんですよね。

南米のサポーターはどの国もかなり熱狂的なので、あの雰囲気の中で日本代表が試合できるというのは非常に貴重な経験になるはずです。

 

毎回波乱が多く起きるのも特徴で、100周年を記念して北中米と合同でアメリカで開催された2016年の前回大会(コパ・アメリカ・センテナリオ)では、ブラジルやウルグアイといった強豪国がグループステージで敗退してしまいました。

 

ちなみに、次大会からEUROと同年開催に合わせるために、なんと来年もコパ・アメリカは開催されます。

招待国としては、2年連続カタールとオーストラリアが出場する予定です。「日本も来年だったらフルメンバーで出場できたんじゃないか?」なんて思っちゃいますが(笑)

 

コパ・アメリカの組み合わせや大会日程については、こちらの記事に詳しくまとめています↓

www.footballtickets-by-gakuseimiler.com

 

まとめ

今回はDAZNで放送されるコパ・アメリカ2019をお得に視聴する方法について紹介しました!

 

当ブログを含む特設サイト限定のキャンペーンなので、ぜひこの機会にDAZNに登録してみてください。

個人的には日本代表の試合をDAZNの実況・解説陣で観られるのは非常に楽しみです!
今まで地上波の放送しか見たことのなかった人は、サッカーの理解度の違いを感じられると思います。

 

さらに、日本代表戦は全て平日朝8時からと、時差の影響で早朝に行われる試合がほとんどですが、DAZNなら見逃し配信もありますしスマホでいつでも視聴できてかなり便利になるでしょう。
ダウンロード機能もうまく使えば移動中も通信制限を気にせずに観られますしね。

 

前回大会まではスカパーで放送されていましたが、興奮度MAXの南米サポーターに囲まれて試合をする緊迫感は、観ているこっちまで伝わってくるほど。

今回初めてコパ・アメリカを観るという人には、ぜひ南米特有の雰囲気を味わって欲しいです。

 

すでにDAZNに入っている方はもちろん、まだDAZNに加入していない方はぜひDAZNに登録してコパ・アメリカを存分に楽しみましょう!

Copyright © 2018 学生マイラーによる海外サッカーチケット攻略ブログ All rights reserved.