学生マイラーによる海外サッカーチケット攻略ブログ

理系大学院生が30試合以上の海外サッカー観戦経験をもとに、チケットを公式サイトから定価で購入する方法や海外サッカー情報を綴るブログ

コパアメリカ日本代表の決勝T進出の可能性は?グループステージ突破条件について整理してみた!

2019/6/24:追記

グループB第3戦の結果を反映しました。

コパ・アメリカのグループステージ2試合を終え、1分1敗で勝ち点1となった日本代表。

初戦は不甲斐ない内容でしたが、今日行われた第2戦のウルグアイ戦はまるで違ったインテンシティの高いプレーが見られ、重要な勝ち点1を獲得することができました。

 

そこで気になるのがコパ・アメリカのグループステージ突破条件

実はグループ3位でも決勝トーナメント進出の可能性がある今大会について、グループステージ突破条件を整理してみます。

さらに、グループステージ突破後に対戦する相手がどこになるのかも考えてみました。

コパ・アメリカ2019のレギュレーション

コパ・アメリカは、出場国12カ国を4カ国×3グループに分けてグループステージを戦います。

各グループ上位2チーム各グループ3位うちの上位2カ国が決勝トーナメントに進出します。そして、8カ国による決勝トーナメントによって優勝チームを決定します。

 

グループステージの順位決定方法は、

  1. 勝ち点
  2. 得失点
  3. 総得点
  4. 当該チーム同士の対戦成績(同様に勝ち点→得失点→総得点)
  5. フェアプレーポイント(イエロー1枚:-1、イエロー2枚レッド退場:-3、レッド一発退場:-4、イエロー1枚+レッド一発退場:-5)
  6. 抽選

の順に考慮して決定します。

また、決勝トーナメント進出チームを決定する3位チーム同士の順位も、同様の方式で決定します。

日本代表のグループステージ突破条件

ではグループC第3戦までを終えた日本が決勝トーナメントに進出するための条件について整理してみましょう。

 

6月24日時点の各グループの順位表は以下の通り。(https://www.jfa.jp/samuraiblue/copaamerica2019/schedule_result/より)

グループA

f:id:ktakumi11:20190624114031j:image

 

グループB

f:id:ktakumi11:20190624114017j:image

 

グループC 

f:id:ktakumi11:20190624113954j:image

 

第2戦の残り1試合、エクアドル対チリの試合は明日22日朝8時に行われます。

(2019/6/22:追記)グループC第2戦エクアドル対チリの試合は、2-1でチリが勝利しました。

 

まずは何と言っても、日本代表がグループステージ突破のための必要条件は「第3戦でエクアドルに勝利し、合計勝ち点4を獲得」すること。

(エクアドル戦に引き分けて勝ち点2となってもグループ3位になる可能性もありますが、日本の得失点差が-4となるため他グループ3位より上位になるには、グループBでパラグアイが5失点差以上の大敗が必要になるため非常に厳しい。) 

 

そして、エクアドル戦に勝利した上でグループステージを突破するには、「①グループCで2位以内に入る」または「②グループCの3位となり、3位チーム同士で上位2位に入る」場合の、大きく2通りのルートに場合分けすることができます。

①グループCで2位以内に入る

グループC内では、明日早朝の第2戦「エクアドル対チリ」がまだ残されています。

2019/6/22:追記

チリがエクアドルに勝利したため、チリのグループステージ突破が確定。

日本代表がグループC2位に入るには、日本がウルグアイとの得失点差8をひっくり返さなければならないため、このルートでの突破はほぼ不可能になったと言えます。

日本がグループCで2位以内に入るための条件は、チリが残り2試合のエクアドル戦とウルグアイ戦を2連敗した場合、あるいはウルグアイがチリ戦で大敗して日本もエクアドルに大勝した場合のみです。

 

前回王者チリが2連敗することはちょっと考えにくいですね。明日チリが勝ち点1でも獲得すれば、このルートはほぼ完全に消滅することになります。

 

よって、現実的には次のルートが日本のグループステージ突破の鍵となりそうです。

②グループCの3位となり、3位チーム同士で上位2位に入る

日本がエクアドル戦に勝利し、勝ち点4でグループCの3位に入った場合、グループAまたはグループBの3位チームどちらかの成績を上回れば良いということになります。

もし勝ち点で並ぶと日本は現在の得失点差が-4であり圧倒的に不利なため、勝ち点で他グループ3位を上回らなければほぼ不可能です。

 

第2戦終了時点の結果を考慮すると、基本的に勝ち点4あればグループステージ突破はほぼ確実ですが、以下の3パターンある例外が全て起きた場合に限り日本は第3戦に勝利したとしてても、得失点差によってはグループステージ敗退となります。

  • グループA「ボリビア対ベネズエラ」でベネズエラが勝利
  • グループB「コロンビア対パラグアイ」でパラグアイが勝利
  • グループB「カタール対戦アルゼンチン」がカタール勝利orアルゼンチン勝利

 

文章で説明しても分かりにくいかもしれないので、表にしてみるとこんな感じです。

グループA
ペルー対ブラジル/ボリビア対ベネズエラ
  🇵🇪ペルー勝利 引き分け 🇧🇷ブラジル勝利
🇧🇴ボリビア勝利
引き分け
🇻🇪ベネズエラ勝利 × × ×

 

グループB
カタール対アルゼンチン/コロンビア対パラグアイ
  🇶🇦カタール勝利 引き分け 🇦🇷アルゼンチン勝利
🇨🇴コロンビア勝利
引き分け
🇵🇾パラグアイ勝利 × ×

 

この2つの表の×パターンが同時に起きなければ、日本は第3戦勝利で決勝トーナメントに確実に進出できます。

 

以上のことから、仮に日本が第3戦に勝利すればグループステージ突破の可能性は高いといえるでしょう。

それだけ今日のウルグアイ戦の引き分けは大きかったということです。

つまり、これらの3つのパターンが同時に起きない限りは、日本は第3戦を勝利すれば決勝トーナメントに進出できるというわけです。

調べる前はまだ第3戦を残しているので複雑になるかと思っていたのですが、意外に分かりやすい結果になりました。

2019/6/23:追記

グループA第3戦でベネズエラがボリビアに勝利。

一方でペルーがブラジルに大敗し、ペルーがグループAで3位(勝ち点4、得失点差-3、得点数3)となりました。

 

この結果、上記の例外パターンが全て生じたとしても、日本はエクアドルに2得点以上の勝利でペルーを上回ってグループステージ突破、1-0勝利でもペルーと並びフェアプレーポイントで勝負することになります。

(6/24:追記)8チーム中7チームのGS突破が決定。残り1枠に日本が入る条件は?

グループCの第3戦までの全てのゲームが終わり、決勝トーナメントに進出する8チーム中7チームが決定しました。

決勝トーナメント進出チームは以下の通り。

  • A1位:ブラジル🇧🇷
  • A2位:ベネズエラ🇻🇪
  • A3位:ペルー🇵🇪
  • B1位:コロンビア🇨🇴
  • B2位:アルゼンチン🇦🇷
  • C1位or2位:チリ🇨🇱
  • C1位or2位or3位:ウルグアイ🇺🇾

 

グループB3位のパラグアイが勝ち点2、得失点差-1であるため、残りの1枠は日本対エクアドルの一戦によって決定します。

  • 日本勝利:日本🇯🇵
  • 引き分け:パラグアイ🇵🇾
  • エクアドル勝利:エクアドル🇪🇨

得失点差も一切関係なく、勝った方が決勝トーナメントに進めるという非常に分かりやすい結果となりました。

もちろん日本の勝利を期待していますが、当然エクアドルも勝てば突破できるということで日本にとっては厳しい戦いになることは間違いないです。

どちらも引き分けでは勝ち上がれないという状況なので、互いに点を取り合う激しい戦いになりそうで非常に楽しみです!

決勝トーナメントに進出した場合、対戦することになる相手はブラジル!?

では日本代表が決勝トーナメントに進出した場合、どこと対戦することになるのか?

すでにコパ・アメリカのトーナメントの山は決定しています。

 

下の画像のように、日本が突破した場合として考えられるグループCの3位は、ベスト8でグループAの1位と対戦することになっています。

f:id:ktakumi11:20190621182012j:image
https://www.jfa.jp/samuraiblue/copaamerica2019/schedule_result/より)

 

グループAといえば開催国ブラジルのグループ!!!

もしブラジルが現在勝ち点4で並んでいるペルーとの直接対決に勝利すれば、日本代表がベスト8でブラジルと対戦する可能性は非常に高いでしょう。

 

しかし、ブラジルにとってペルーは2大会連続でコパ・アメリカ敗退に追いやられた因縁の相手。

実は前回大会でも、勝ち点4同士で並んだ全く同じ状況で第3戦でペルーと対戦し、0-1でブラジルが敗れてグループステージ敗退してしまいました。

今回もそう簡単にブラジルが勝ち上がるというわけにはいかないかもしれませんね。

2019/6/23:追記

グループA第3戦の結果、ブラジルが首位通過で決勝トーナメント進出を果たしました。

よって日本がグループC3位で通過した場合、準々決勝でブラジルと対戦することになります。

まとめ

今回は、現在開催中のコパ・アメリカにおいて、日本代表が決勝トーナメントに進出するための条件について整理してみました。

ウルグアイ戦の興奮からつい一気に書き上げてしまいました。笑

 

例外もありますが、日本代表は次のエクアドル戦に勝利すれば、グループリーグを突破する可能性は意外と高そうです。

もちろんエクアドルもグループステージ突破のために絶対勝利が必要になるので、日本にとってはかなり難しい試合になるでしょう。

日本代表が第3戦のエクアドルと対戦するのは、6月25日(火)午前8時

 

そして、注目の第3戦が行われる6月25日までに特設サイトからDAZNに加入すれば、DAZNの無料お試し期間が2ヶ月に延長されるキャンペーンが実施されています。

当サイトを含む特設サイトのみでのキャンペーンなので、まだDAZNに加入していない方はぜひこの機会に登録してみてください!

キャンペーン詳細はこちら↓

www.footballtickets-by-gakuseimiler.com

 

当サイト専用DAZN申込ページはこちら↓

(2ヶ月無料キャンペーンはこちらのリンクから登録された方のみ適用で、通常のページでは1ヶ月無料となってしまうのでご注意ください。) 

 

日本戦の前にグループAやBの試合は行われるので、日本代表に突破のチャンスが残される結果になるかどうか注目しながら観ても楽しめそうです。

まだDAZNに入っていない方は、この2ヶ月無料期間中にDAZNに入ってコパアメリカを楽しみましょう!

 

それにしても三好康児、来シーズンこそはフロンターレ帰って欲しかったけど海外クラブが放っておかないだろうな。笑

Copyright © 2018 学生マイラーによる海外サッカーチケット攻略ブログ All rights reserved.